You are here: Home > >

賃貸物件を活用して名古屋で生き抜く

日本は今だデフレを抜け出せない状態である。デフレとは物価が下落していく状況である。これにより不動産、土地の価値も上昇しない。常に成長している状態であれば、実物資産である不動産の価値も上がり続けるはずである。このことを考えると現政権が推進している物価目標を決めて緩やかなインフレ誘導する政策下で、不動産を持つことが優位性を持つと考えられる。しかしここで一つ考えてほしい。日本は今後少子高齢化が急激に進むはずである。こうした状況化で果たして不動産の価値は上がるだろうか。このことを考えると賃貸を活用して流動性を持たせることのほうが利口ではないかと思う。名古屋などの都心部でも同じである。名古屋などの都心部だと価格は上がりやすいように思うが、人口が減少していく中では多額の資金不動産に費やすより、賃貸で流動性を担保しつつ、株や債券、ゴールドなどに分散投資したほうが得策ではないだろうか。バブル期は不動産に投資しておけば価格が上がり続けていくので、他に投資しなくても十分であった。しかし、現在は多額の資金を不動産だけに投資するのは極めて危険だと言える。もし、不動産を活用した投資を考えるなら少額投資が可能なリートなどを活用してはいかがであろうか。不確定要素が多い時代は、とにかく分散投資が基本である。またマイホームも同じである。多額の資金を費やしてマイホームを購入しても将来的な資産価値が上がらないのなら妙味がない。名古屋などの都心部で生き抜くにもこんな見方が必要ではないだろうか。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans